2023 TDIR Global Report - APJ Summary (JA) - Exabeam

日本を含むアジア太平洋(APJ)地域の概要

2023年度 Exabeam
による脅威の検知、調査、対応の現状レポート

今すぐレポートを入手して、最新の TDIR の課題と傾向に関する詳細をご覧ください。
レポートを読む|デモを入手する

TDIR

日本を含むアジア太平洋(APJ)地域の概要

企業におけるTDIR の課題と検討要素

企業はサイバーセキュリティソリューションへの投資を続けており、支出額は 2022年の920億米ドルから2027年までには、1,700億米ドル以上に倍増すると予測されています。

サイバーセキュリティが急速に変化すると同時に、リスクも高まっています。そのため、攻撃者に打ち勝つには体制の改善・強化が必須となります。攻撃は高度で検出が難しく、従来の SIEM には限界があり、セキュリティチームは大量のデータに圧倒され、脅威の全体像を把握しきれていません。しかし、この現状は変わりつつあります。

出典: IDC調査、委託元 Exabeam、日本を含むアジア太平洋地におけるTDIRの現状 、n=305、2023 年 8 – 9 月

Challenges and Considerations for Enterprise TDIR

2023年度 Exabeam による脅威の検知、調査、対応の現状レポート

日本を含むアジア太平洋(APJ)地域の概要

このレポートは、脅威の検知、調査、対応(TDIR)に対する高い信頼性と良好な進歩、AI と自動化の重要性の増大、およびセキュリティインシデントの検知と防止の課題を取り上げています。TDIR パフォーマンスは向上しているが、同時にセキュリティ侵害は増加しています。そのため、企業は防御を強化できるよう TDIR ワークフローを加速する自動化と AI に目を向けています。

調査結果


脅威の検知と調査の有効性の認識

Perception of Threat Detection and Investigation Effectiveness
Perception of Threat Detection and Investigation Effectiveness

パフォーマンスの向上

Performance 
Improvement


TDIR の課題

TDIR Pain Points
TDIR Pain Points

自動化によるTDIR の加速

Automation 
Accelerates TDIR
Automation 
Accelerates TDIR
Automation 
Accelerates TDIR

企業における TDIR の検討要素

Enterprise TDIR Considerations

出典:IDC調査、委託元 Exabeam、日本を含むアジア太平洋地における TDIR の現状、n=305、2023 年 8 ~ 9 月

調査対象企業がTDIR ソリューションを検討する際に最も重視する点は、次の3つです。

Respondents’ top three priorities when considering TDIR solutions
quote

「CISO やセキュリティチームは、自動化の推進、知識不足を補う社内トレーニング、および自社環境の可視性の向上に向けて、さらなる投資をする必要があります。」


tdir idc logo

Michelle Abraham

Security and Trust Group | リサーチディレクター


地域別レポートを確認する

TDIR Report 2023

西ヨーロッパの概要


グローバルレポート

2023年度 Exabeam による脅威の検知、調査、対応の現状レポート

今すぐレポートを入手して、最新の TDIR の課題と傾向に関する詳細をご覧ください。

Challenges and Considerations for Enterprise TDIR

組織から信頼される
世界中で

レポートを読む

「2023年度 Exabeam による脅威の検知、調査、対応の現状レポート– 日本を含むアジア太平洋(APJ)地域の概要」をダウンロードいただくと、以下の詳細をご確認いただけます。

  • 企業が認識する自社のTDIR 能力と課題
  • 自動化と AI による知識不足の補足と環境の可視性を向上する方法
  • 北米、西ヨーロッパ、アジア太平洋地域の地域固有の洞察
  • IDC の提言