セキュリティに精通した限られた人材を、より効率的に活用したいと考えるすべてのサイバーセキュリティチームに最適なソリューション

Exabeamは、Smarter SIEMTM の開発企業です。

セキュリティチームがよりスマートに作業できるように支援し、51%も短縮した時間ででサイバー攻撃を検出、調査、対応できるようにします。

セキュリティ部門は、分散型攻撃の見逃しと未知の脅威、手動による調査と修復に対応する必要がなくなりました。モジュール式のExabeamセキュリティ管理プラットフォームを使用すると、アナリストは無制限のログデータを収集することができ、行動分析に基づいて攻撃を検出し、オンプレミスやクラウドの両方でインシデント対応を自動化することができます。

Exabeamの本社はカリフォルニア州フォスターシティにあり、Imperva、ArcSight、およびSumo Logicの経験豊富なセキュリティおよびエンタープライズITのベ専門家たちよって設立および開発されました。私たちは、Lightspeed Venture Partners、Cisco Investments、Norwest Venture Partners、Acrew Capital、Icon Ventures、および投資家のShlomo Kramerから資金提供を受けています。LinkedInTwitterInstagramで我々をフォローしましょう。

"我々は1日あたり、80億から120億のイベントを採集していきます。一晩Exabeamを使用するだけで、我々は想像を超える運用効率を手に入れることができました。"

V.Jay Larosa,

グローバル・セキュリティ・アーキテクチャ担当部長, ADP

なぜEXABEAMという名前なのか?

Nir、Domingo、Sylvainが会社名のアイデアをブレインストーミングし始めたとき、ビッグデータが彼らのインスピレーション元の情報源でした。この製品は、大量のデータを処理することができます。昨今、テクノロジー企業全体に「ギガ」と「テラ」が既に広がっています。10億ギガバイトはエクサバイトとも呼ばれ、文字通り巨大となったのです。彼らは、製品が膨大な量のログデータに含まれる興味深いパターンに光を当てる意味を込めて、「exabyte(エクサバイト)」と「light Beam」を組み合わせたExabeamと名付けることにしたのです。

 

我々の使命

セキュリティアナリストは、単調で繰り返しの多いタスクに圧倒されています。彼らには、より少ないリソースでより多くのことを識別し実行できるようにする、よりスマートなテクノロジーが必要とされています。タイムラインの自動作成機能を備える、より高度なSIEMソリューションがあれば、手間のかかる作業や誤検出が減る一方で自動化プレイブックにより応答が迅速化されます。

 

Exabeamの使命は、専門家の業務の効率化です。

 

重要な脅威を特定し修復する作業を手動で実行し時間にとられていては、セキュリティ専門家のスキルを効果的に活用できません。効率化が必要とされています。機械学習と自動化テクノロジーを活用することで、属人的作業を省略し、解決することができます。これにより、企業のリスク軽減へと繋がります。